オランダの首都アムステルダムから列車に乗って1時間半。同国随一の「発明都市」と呼ばれるアイントホーフェン市の一角に、その工場はあった。大きめの体育館ほどの広さを持つ施設に入ると、中央でレールの上に据えられた高さ2mほどのロボットアームが目に飛び込む。

 ここは、オランダの建設会社BAM Infra(バムインフラ)などが立ち上げた欧州初のセメント系材料用の3Dプリンター工場だ。橋や住宅などの大型構造物やその部材の製造拠点として2019年1月に開設された。

 「フェンスの外に出てくれ。今から“印刷”を始める」。ヘルメットをかぶった男性がこう口火を切ってノートパソコンのキーを叩くと、ロボットアームが緩やかに動き出した。先端に備えたノズルからクリーム状のモルタルを吐出して約1cmの厚さで積層。みるみるうちに1mほどの高さがある中空のブロックを築き上げた(写真13)。

写真1■ セメント系材料用の3Dプリンター工場で新しい橋のパーツを製造するデモンストレーションの様子。ロボットアーム型の3Dプリンターで、モルタルを層状に重ねていく(写真:BAM Infra)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2■ 大型構造物の製造に特化した建設用3Dプリンター工場。写真奥のサイロからポンプでモルタルをロボットアーム先端のノズルに送る(写真:BAM Infra)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3■ プリンターの稼働中、人はフェンス内に立ち入らず、全てコンピューターで制御する(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 バムインフラは3Dプリンターで橋を造り、架設した実績を持つ数少ない建設会社の1つだ。アイントホーフェン工科大学などと共同で、17年10月に当時世界初だったセメント系材料による3Dプリンター製自転車・歩行者橋を完成させた。

 同社は現在、新たな挑戦に踏み出している。完成すれば世界最長となる新たな3Dプリンター橋の建設を、40万ユーロ(約4900万円)超で受注したのだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら