CIMが原則となり、3次元データの活用が当たり前になる──。CIM時代の到来に先駆け、各社は3次元のメリットを引き出す様々な取り組みを展開する。CIMを使いこなす人材の育成も欠かせない。

全国初、狭小歩道にICT建機
加藤組

 幅がわずか1.5mの歩道。こんなに狭い現場でのICT施工に果敢に挑戦したのが、広島県三次市の加藤組だ。排土板付きのミニショベルにマシンガイダンス(MG)のシステムを搭載し、舗装前の敷きならしに利用した。幅1.5mに対応した小規模のICT建機は市販されていないので、同社は日立建機のグループ会社の協力を得て、独自に製作した(写真1)。

写真1■ 幅1.5mの狭小現場に導入したICT建機。幅1.5mに対応したミニショベルを日立建機が持っていなかったので、他社製の機械を使った (写真:加藤組)
[画像のクリックで拡大表示]

 導入したのは、国土交通省三次河川国道事務所が2016年度に発注した国道54号下布野歩道工事だ。全国でも類を見ない取り組みが評価され、18年度i-Construction大賞の国土交通大臣賞を受賞した。

 同社が受注した当時、国交省は土量が1000m3以上の土工事で「ICT活用工事」を試行していた。ICT活用に指定した工事では、システムの導入などに要した費用を発注者が一部負担する。

 下布野歩道工事は土量が1000m3をわずかに超えていた。同社はICT施工が今後、小規模工事にも拡大するのは間違いないとみて、受注後に三次河川国道事務所に働きかけてICT活用工事に採用してもらった。

ブルドーザーのシステムを搭載

 この現場では、バケット容量が0.11m3の排土板付きミニショベルを使用した。ICT施工に必要な機器の装着などは、日立建機日本が手掛けた。対象が排土板なので、ブルドーザーのMGシステムを利用した(写真2)。3次元データを基に、オペレーターの操作をサポートする。

写真2■ 排土板に取り付けたICT施工機器。トータルステーションがターゲットを捕捉して、位置を計測する(写真:加藤組)
[画像のクリックで拡大表示]

 位置の計測にはトータルステーション(TS)を採用した。当初はGNSS(衛星を用いた測位システムの総称)を使う予定だったが、建機が小さく、設置する2つのアンテナの離隔が確保できなかったので断念した。

 現場が狭いので、TS本体は道路の反対側に置いた。そのため、大型車が道路を通ると、TSがミニショベル上のターゲットを見失った。ただ、自動で復帰するので、施工に大きな支障はなかったという。

 建機が小さいことによる苦労もあった。現場を担当した加藤組の玉村仁嗣土木主任は、「本体が軽いので、土砂を抱え込みすぎるとクローラーが空回りした」と振り返る。地面の凹凸に影響されやすく、安定感を欠く場面もあった。それでも、現場の丁張りが不要になるなど、施工の効率は高まった。仕上がりの精度も格段に向上したという。

 MGの導入に要した費用の一部は発注者に負担してもらえたが、「目先だけ見たら大赤字だった」と同社の原田英司土木部長は認める。

 しかし、原田部長は気にしていない。「次のステップに行くための実証実験と位置付けている。3次元データの扱い方など、多くのことを学べた」(原田部長)

 この工事の経験を基に、日立建機は18年1月、排土板に3次元マシンコントロール機能を搭載したミニショベルを発表した。

 「ニーズがあるから建機メーカーが発表したのだろう。我々が目指した方向性は間違っていなかった」。原田部長はこう確信したという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら