設計や施工でそれぞれ進んできたCIMを連携させ、事業プロセス全体を効率化する取り組みが始まった。国土交通省は2019年3月、全国で12のモデル事業を選定。3次元データの一気通貫に向けた課題などを洗い出す。

ECIで施工を見据えた3次元設計
国道2号大樋橋西高架橋

 設計から施工へ、3次元データをいかに引き継ぐか──。一気通貫で3次元データを活用しようとする場合に、大きな壁となるのが各段階のデータ連携だ。

 設計、施工それぞれの段階でCIM導入は進んでいるものの、多くはその中だけで完結している。せっかく属性情報を含む3次元データ(CIMモデル)を作製しても、次の段階で生かされない。

 こうした現状を打開する取り組みが、2019年3月に国土交通省の「3次元情報活用モデル事業」に選定された国道2号大樋橋西高架橋の整備事業だ。ポイントは、同事業に採用したECI方式にある。これは、施工者となる予定の会社(優先交渉権者)に設計段階で技術協力業務を発注し、施工のノウハウなどを設計に反映させる方式のこと。設計段階で建設会社が関与するので、CIMモデルを施工者が使いやすい形に整備できる。

施工で使えるブロック割に

 大樋橋西高架橋は、岡山市内を通る国道2号の大樋橋西交差点を立体化する陸橋だ(図1)。現在、この交差点は片側3車線で、1日10万台の交通量がある。交通への影響を最小限にして橋を架設するには、施工を考慮した設計が必要だった。

図1■ 大樋橋西高架橋のCIMモデル。上に見える緑色のチューブは、電線からの離隔距離を示したもの(資料:国土交通省岡山国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 国土交通省中国地方整備局が16年9月に、詳細設計業務を大日本コンサルタントに発注。その半年後の17年3月、優先交渉権者に選定した日本ファブテック・鴻池組JVと、技術協力業務の契約を締結した。設計は19年3月に終わり、今後、同JVとの協議が整い次第、施工契約を結ぶ。

 同JVの意見を踏まえ、CIMモデルを施工段階で使える形にした一例が、橋桁のブロック割だ。設計者は通常、桁全体を1つのブロックとしてモデル化する。しかし、クレーンで架設する鋼橋の場合、架設するブロックごとに分割したCIMモデルでないと施工計画に使えない。

 「施工を見据えてCIMモデルを作ってもらったので、今後、施工でも利用できるはずだ」と、日本ファブテック技術研究所の田中伸也・ICT推進グループ長は期待する。

 設計段階のCIMでは通常、図面がある程度出来上がってから3次元化する。だが、この事業では詳細度を粗くして、初期段階から3次元モデルを作製するようにした。

 「3次元モデルで施工手順を作って情報共有したので、早い段階で課題が明確になった」と、大日本コンサルタント大阪支社技術部の松尾聡一郎・構造保全第一計画室長は話す。「非現実的な提案がなくなり、無駄な検討作業を防げた」(松尾室長)

 今後のCIM事業拡大に向け、属性情報の付与や数量算出など、複数のテーマについて検証し、CIM導入の効果と課題も取りまとめた(図2)。例えば、国交省の目指す3次元モデルの契約図書化がどこまで可能なのか、といったことを調べた。

図2■ CIM活用の効果と課題が明らかに
国土交通省岡山国道事務所の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら