工期短縮の鍵を握る工程管理。ポイントの1つ目は、「旗を立てよ」だ。目標となる旗を立てるには、合理的な工程表を作成する必要がある。そのうえで、どの工程にどの程度の余裕があるのかを常に把握しておくことが重要だ。(日経コンストラクション)

講師:降籏 達生(ふるはた・たつお)氏
講師:降籏 達生(ふるはた・たつお)氏 1961年兵庫県生まれ。83年に大阪大学卒業後、熊谷組に入社。95年に退社し、98年にハタコンサルタントを創業し代表として現在に至る。コンサルティング実績は2000件を超える(写真:ハタコンサルタント)
(イラスト:山田 タクヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:山田 タクヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず取り組むべきは、工程管理5つのポイントの1つ目、「旗を立てよ」だ。工程管理では、目標を立てることがそれに当たる。根拠が論理的で合理的な工程表を作成し、ゴールの旗を確認できる状態にする。  工程管理の第1段階はゴールを設定することだ。その際に1つ覚えておきたいのが、ゴールは要求する人によって内容が異なることだ。

 顧客の求めるゴールは、ほとんどが引き渡し日。自社のゴールは、「次の工事の着工まで」が多い。これら様々な内容を調整し、工程管理をする際のゴールを決定する。

作業の項目や手順を洗い出す

 次に、工事に関する要求事項や工程計画条件を整理する。これらは顧客や地域、利害関係者、自社、法律など様々な要因で決まり、全てを満たさなければならない。条件漏れがあると、工程計画の見直しが必要になる。そのため、工程の利害関係者を抽出し、利害関係者が工程に関してどのような要求をしているのかを明確にしなければならない。

 その整理を終えたら、作業の項目や手順の洗い出しに取りかかる。ハード工種(現場作業)のうち、主工種(直接工事)、支援工種(間接工事や仮設工事など)、ソフト工種(申請業務や図面作成など)の概略とその所要日数を抽出する。

 手順は以下の通りだ。まず設計書や設計図を基に主工種を抽出する。続いて、主工種のための支援工種、主工種や支援工種のためのソフト工種の順で、それぞれを抽出する。さらに、工程の作成や所要日数の算定に必要な情報を整理するために、主工種や支援工種に必要な作業の手順や条件、技能者、資機材などをまとめる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら