長時間労働の解消を目指す「働き方改革」。その実践に不可欠な工期短縮の秘訣を、降籏達生氏が自著「今すぐできる建設業の工期短縮」(日経BP社)を基に、若手技術者の疑問に答える形で、10回にわたって解説する。(日経コンストラクション)

降籏 達生(ふるはた・たつお)氏
降籏 達生(ふるはた・たつお)氏 1961年兵庫県生まれ。83年に大阪大学卒業後、熊谷組に入社。95年に退社し、98年にハタコンサルタントを創業し代表として現在に至る。コンサルティング実績は2000件を超える(写真:ハタコンサルタント)
(イラスト:山田 タクヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 工期短縮の1つ目のメリットは、「労働生産性の向上」だ。

(イラスト:山田 タクヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 労働生産性は、下の算式で表される(図1)。

図1 ■ 労働生産性の算式
[画像のクリックで拡大表示]

 算式の「社員1人当たりの生産性」とは、完成工事総利益率(粗利益率)に完成工事原価の中の労務費を加えたもの(限界利益)を、建設会社の社員数で除したものだ。

 「技能労働者も含めた1人当たりの生産性」とは、粗利益に完成工事原価の労務費と外注費を加えたものを、年間延べ人工(にんく)数(工事現場で働いた総労働者数)で除したものだ。

 つまり、前者は自社の社員1人当たり、後者は協力会社の労働者も含めた労働者1人当たりの労働生産性を表している。

 いずれの方式で算出するにしても、労働生産性を上げるには「直用労働者数」や「年間延べ人工数」を減らさなければならない。

 自社の社員であれ、社外の技能者であれ、工事に携わる労働者の延べ人数を減らすには、労働者が工事に関わる延べ時間、すなわち工期を短縮することが必要となる。裏を返せば、工期を短縮することで労働生産性を上げることができるわけだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら