東京五輪の開催が決まった直後から加速した「東京大改造」。五輪施設の新設や交通インフラの整備だけでなく、ターミナル駅周辺の大規模開発で街の姿が大きく変化している。そして2020年以降も、街の“更新”は続いていく。(日経コンストラクション)

築地・晴海周辺
市場移転で環状2号が暫定開通

築地市場の移転延期決定から2年余りを経て、2018年10月に豊洲市場がオープン。同時に築地市場跡地では、20年2月までの予定で解体工事が始まった。築地市場に分断される形だった都道環状2号は18年11月、旧築地市場の南側を通る迂回路を使って暫定開業。これで、起点の有明から神田佐久間町に至る14kmが全線開通した。隣接する晴海地区では、当面は五輪の選手村となる集合住宅の形が見えてきた。

2018年12月撮影(写真:ITイメージング)
[画像のクリックで拡大表示]
2018年12月撮影(写真:ITイメージング)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら