(資料:関西経済同友会、JAXA、第二青函多用途トンネル構想研究会、日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会、ハイパーカミオカンデ研究グループ、Rey.Hori/KEK、写真:大分市、JAMSTEC)
[画像のクリックで拡大表示]

月面や地底に巨大構造物を造り、深海で資源を採掘するなど、これまでの土木事業の常識を覆す構想が次々と誕生している。かつては夢物語と思われていた巨大市場の開拓が、手の届く現実的な目標になりつつあるのだ。東京オリンピックやリニア中央新幹に続く「ポスト平成」のビッグプロジェクトを展望する。

出典:日経コンストラクション、2019年1月28日号 pp.48-49 狙え!ポスト平成のビッグプロジェクト
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。