建設現場で振動や騒音が課題となる代表的な作業の1つが、発破工法を用いた山岳トンネル工事の掘削だ。切り羽に火薬装填用の穴をドリルジャンボで開ける際の削孔音や発破音は、坑口に防音扉を設置しても完全に消すのは難しい。漏れた音が周辺の集落で問題になることがある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら