イタリア・ジェノバのポルチェベーラ高架橋は2018年8月14日に落橋した。同橋は設計者の名前から「モランディ橋」とも呼ばれる。事故から3日後も現地で続く行方不明者の捜索を、大勢の人が見守った。8月17日撮影(写真:AP/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

2018年8月14日、イタリア・ジェノバで高速道路の斜張橋「ポルチェベーラ高架橋」が突如崩落。43人が亡くなる大惨事となった。著名な構造エンジニアの故リッカルド・モランディが設計したこの橋は、なぜ落橋したのか。高速道路「発祥の国」で起こった事故を様々な角度から分析し、日本の土木技術者への教訓を探る。

出典:日経コンストラクション、2018年12月24日号 pp.44-45 特集 イタリア「モランディ橋」はなぜ落ちた?
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。