閉じる

クイズ 維持・補修に強くなる

日経コンストラクション

目次

  • Q.たて壁と床版下面にひび 予防で表面含浸は必要?

     ある町が管理する橋梁の点検で、橋台のたて壁部と鉄筋コンクリート床版下面部に微細なひび割れを発見した。1956年(昭和31年)の鋼道路橋示方書1等橋(TL-20)で設計された鋼箱桁橋で、64年に竣工。橋長は46m、幅員は7.5mだ。山間部の融雪剤散布地域に立地し、交通量は少ない。当面、架け替えの計画…

  • Q.どちらの補修を優先? 劣化したRC桁とPC桁

     ある自治体の道路橋の定期点検で、2つの橋に劣化が確認された。1つは、寒冷地域の田園地帯にある中規模河川で、昭和40年代(1965~74年)に施工された単純RC(鉄筋コンクリート)T桁橋だ。

  • Q.コンクリート舗装の補修 オーバーレイの注意点は?

    第29回 舗装

     ある積雪寒冷地域の国道で、路線周辺に宅地が増えたことなどに対応し、古いコンクリート舗装を低騒音化することになった。

  • Q.古いコンクリート舗装 健全性やいかに?

    第28回 舗装

     ある積雪寒冷地域の国道で、古いコンクリート舗装を低騒音化することになった。路線周辺に宅地が増えたことなどに対応するためだ。

  • Q.築50年近い道路橋 不要な対策はどれ?

    第27回 橋梁

     ある小規模な自治体が管理する道路橋について出題する。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る