幅8mの河川の下に雨水放流管をシールド工法で構築する。発進たて坑では縦方向の制約が、河川が蛇行する区間では横方向の制約があった。横2連のシールド機をらせん状に掘進し、途中で縦2連に変化させる工法を初採用した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら