完成から90年以上がたち、損傷が激しい長大橋を供用しながら大規模修繕する。建設時の記録がなく、部材の応力状態も分からない。国土交通省は設計交渉・施工タイプの契約方式を初めて採用。施工者は様々なリスクに備えた工法を提案し、工事に挑む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら