コンクリート構造物に関しては、塩害、中性化、アルカリシリカ反応といった劣化要因に対し、各社が新たな材料や工法を精力的に開発しており、補修技術のメニューは豊富になっている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら