閉じる

カウントダウン2020

日経コンストラクション

目次

  • “高速”かさ上げ 1年足らずで橋脚並ぶ

    首都高羽田線東品川桟橋・鮫洲埋め立て部更新工事

     首都高羽田線を南に向かって撮影。桟橋構造だった上り線を2017年9月に写真右奥の仮設迂回路に切り替えた後、1年足らずで跡地に本設の鋼製橋脚が立ち上がり始めた。23年度までに左手前の下り線にも橋脚を構築し、上下線が一体となった門形橋脚にする計画だ。特記以外は18年6月撮影。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る