閉じる

ドボク塾 考える力養成プロジェクト

日経コンストラクション

目次

  • 小出しの対策はナンセンス

    第9講義(4) やればできる耐久性確保(2)/講師:佐藤 和徳 日本大学工学部研究特命教授

     前回に引き続き、テーマは耐久性確保だ。「再劣化しやすい劣化の原因は、技術基準と構造物を供用する地域の気象・環境の不適合にある」と佐藤氏は言う。コストを気にして対策を小出しにするようでは、本来不要だったはずの劣化の補修費がかさむ可能性がある。弱点をつくらないように対策を多重に実施しないことには、真の…

  • 再劣化しやすい劣化を見抜く

    第9講義(3) やればできる耐久性確保(1)/講師:佐藤 和徳 日本大学工学部研究特命教授

     佐藤氏の3講義目では、品質確保から耐久性確保にテーマを移す。設計時点で構造物に劣化外力に対する抵抗性能を付与するには、発注者の果たすべき役割が大きい。劣化に関する正しい知識に基づき果敢に対策を練り、将来、補修で余計な負担が増えないようにすべきなのに、その認識があまりにも希薄になっているという。まず…

  • 品質の鍵は「監督員の会話」

    第9講義(2) 良いコンクリートの造り方(2) / 講師:佐藤 和徳 日本大学工学部研究特命教授

     多くの発注者が勘違いしやすいが、厳しい基準を設けて施工者に履行を迫るだけでは、良いコンクリートはできない。佐藤氏は「受発注者が協働で良い品質を求めようとする現場の雰囲気をつくることが、監督員の重要な仕事」と主張する。丁寧な施工をしてもらうために、国土交通省東北地方整備局で採用した「努力するための仕…

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る