国の重要文化財の保存か、堤防の引き堤か。そんな二者択一で膠着状態にあった計画を脱却し、保全と治水を両立させた河川改修が、石川県小松市を流れる梯川で実現した。陸続きだった小松天満宮が、“浮き島”になるように設けた「梯川分水路」だ。河川拡幅の一環で、国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所が整備した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら