歩道上の並木を間伐し空いたスペースをにぎわい創出の場に

 兵庫県のJR姫路駅から世界遺産の姫路城へと続く「大手前通り」の南工区約400mに、歩いていて飽きのこない歩道が完成した(写真12)。イチョウ並木の両側に歩行者と自転車の動線を分散配置して、舗装の仕上げを変えている。レンガや木、歩道ブロックが混在しながら、雑多さを感じない洗練されたデザインが印象的だ。自転車と歩行者の動線が交錯しやすかった整備前の課題を、デザインで解決した(写真3)。

写真1 ■ 2018年9月に改修整備が完了したJR姫路駅北側の「大手前通り」南工区。幅員約16mの自転車歩行者道に、オープンカフェの出店などを想定して広さ100m2のウッドデッキの空間を設けた(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 ■ 大手前通りは駅から姫路城へ続く道として、1955年に完成した。今回の改修では、写真手前側の約400mに花壇やウッドデッキを整備した(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 ■ 改修前は歩行者と自転車が歩道上に混在していた。左は地下出入り口部(写真:姫路市)
[画像のクリックで拡大表示]

 「歩道には地下出入り口や車止め、モニュメントなど、空間を構成する要素が多かった。煩雑にならないように、デザイン検討会議でプロポーションや細かなディテールを詰めていった」。デザイン監修を担当したナグモデザイン事務所(東京都渋谷区)の南雲勝志代表はこう話す。例えば、地下駐輪・駐車場の出入り口の改修では、細い部材やガラスを多用するなどして存在感を軽減した。

 大手前通りの歩道は幅員約15mで、もともと広い。設計を担当した日建設計シビル(大阪市)の開発部門設計部の八木弘毅氏は、計画当初を次のように振り返る。「駅から城に向かって通過するだけの道になっており、もったいないと感じていた。長時間、滞留できる場をつくれば周辺エリアに回遊性が生まれ、街全体を大きく活気付けることにつながると考えた」。

 そこで、圧迫感のある箇所を中心に樹木を間引いて、新たに生まれたスペースを、休息やにぎわい創出の場として活用した。

 特に目を引くのが、姫路市産のスギで仕上げた歩道のウッドデッキの空間だ。商業施設が集積する「商業にぎわい・活用ゾーン」を中心に5カ所に配置(図12)。このうち4カ所は100m2の広さを持つ。沿道店舗のオープンカフェやマルシェの出店、イベントを想定した。

図1 ■ 大手前通り(南工区)一般図
[平面図]
(資料:姫路市の資料を基に日経コンストラクションが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
[A-A断面図]
(資料:姫路市の資料を基に日経コンストラクションが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ■ 大手前通り再整備のゾーニング
(資料:姫路市の資料を基に日経コンストラクションが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ウッドデッキは、車ではなく人のための『たまり場』だと一目で分かる。傷めば交換できるし、足触りもいい」と、デザイン監修を担当した小野寺康都市設計事務所(東京都千代田区)の小野寺康代表は話す。

 駅を出て初めに通る駅寄りの区間は、「外曲輪(そとくるわ)・おもてなしゾーン」と位置付け、城へ向かおうとする人たちが楽しめるように、イチョウ並木の間に、花壇やベンチを配置した(写真4)。

並木の間に花壇やベンチなどの休息空間を設けた。左の地下出入り口は目立たないデザインに
[画像のクリックで拡大表示]
イベント対応のため、ウッドデッキ付近に電源や散水栓を設けた。植栽升はベンチを兼ねる
[画像のクリックで拡大表示]
写真4 ■
(写真:生田 将人)

 設計段階では、これら滞留空間の実現に向け、関係者との合意形成に時間をかけた。姫路市が立ち上げた検討懇話会は専門家の他、地元団体や自治会、警察も参加。ワークショップ形式で議論を掘り下げ、コンセプトを共有した。さらに、2週間の社会実験では現地で様々なイベントを試み、課題を抽出して実施設計に反映した(図3)。

図3 ■ 基本設計から実施設計までの合意形成プロセス
2年にわたる懇話会(8回)や利活用ワークショップ(2回)、交通・利活用社会実験(2週間)、各種アンケート(ウェブアンケート回答者485名など)、デザイン専門家によるデザイン検討会議(5回)を通して、実施設計案をまとめた(資料:日建設計シビルの資料を基に日経コンストラクションが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 市建設局道路建設部街路建設課の内藤隆弘係長は、「ウッドデッキは日常的に、沿道店舗のオープンカフェなどに使ってもらえるようにしたい」と意気込む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら