大阪府内の自治体が発注した上下水道工事で、埋め戻し材の偽造が次々と発覚した。道路が直ちに使えなくなるほどの支障は生じていないが、発注者は契約違反が常習的に行われていたことを重く受け止め、施工者の入札参加停止や受発注者双方に負担が掛かる再発防止策を断行した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら