閉じる

ねっとわーく

日経コンストラクション

目次

  • 編集部から

     西日本豪雨の取材を終え、泥だらけの靴でJR広島駅に戻ると、お好み焼きを目当てに行列を作る観光客でごった返していた。地震災害と土砂災害では被災地の雰囲気が大きく異なるものだと改めて感じた。震災の場合、程度に差はあるものの建物やインフラの被害が広いエリアに及び、地域全体が「非日常」に陥る。一方、土砂災…

  • 読者から

     求む!Uターン、Iターン技術者

  • 催し物案内

     安全面から道路設計や交通管理を診断する英国発祥のRSA(道路安全監査)について、諸外国での適用状況や国内の事例を紹介する。国土交通省や警視庁などによるパネルディスカッションも■一般8640円、会員6480円

  • 編集部から

     設計ミスを防ぐ手段として、建設コンサルタント会社から期待の声が多く挙がったのは、はやりの人工知能(AI)だ。「過去のミスの事例を教え込めば、ベテラン技術者の代わりとなって設計成果をチェックできるのでは」と言う。精密機器の設計ミスを検出するAIを研究している技術者によると、その開発の成否は学習するデ…

  • 読者から

     港湾は量から質の勝負へ転換を

  • 催し物案内

     「インフラ検査・維持管理展」や「i-Construction推進展」など7つの専門展示会を同時開催。主催団体や出展社によるセミナー、研究機関や官公庁の講演会なども多数開催(事前登録制)■3000円(公式HPからの事前来場登録または招待券持参で無料)

  • 編集部から

     大林組は、上司に誤りがあれば指摘できる雰囲気づくりのために、人事考課制度の評定項目に「上司への積極的な意見具申」を加えた。リニアの独禁法違反事件を受けて実施する再発防止策の1つだ。部下が不正の片棒を担がされる実態があったのであれば、それなりの効果が期待できるかもしれない。風通しの良い職場の醸成は簡…

  • 読者から

     若手からの質問を歓迎しよう

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る