読者のみなさまからの投稿をお待ちしております。広く土木建設業界に対するご意見を自由にお書きください。掲載分には薄謝を進呈します。
>> 日経コンストラクション投稿フォーム

技能実習生の熱意に圧倒される
川上 義雄(46、造園業)

 熊本で造園業を営んでいる。労働力不足と従業員の高齢化が深刻なので、2019年度にミャンマーから3人の技能実習生を受け入れた。

 受け入れた実習生は皆、日本人よりも仕事を覚えるのが早い。事故を起こすと在留資格を失ってしまうので、やってはいけないと指示したことは絶対にやらないなど、安全に対する意識も高い。

 仕事に対する意欲もあり、休日出勤を頼んでも快く引き受けてくれる。実家に仕送りもしなければならないのだろう。「働きたいという熱意が感じられる」と、実習生を受け入れている他社の経営者も同様の感想を持っていた。

 10年ほど前から日本の若者のお金に対する執着心が薄れ、稼ぐよりも休みたいという人が増えた。入社しても1年程度で辞めてしまう若者も多い。仕事を楽しいと思っていないのだろうか。

 やるからにはとことん究めてやろうという気持ちがあれば、自然と仕事が楽しくなってくるはずだ。そのような気持ちが出てこない日本人ばかりになれば、やがて日本の技術を継承するのは外国から来た若者ばかりになってしまうかもしれない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら