読者のみなさまからの投稿をお待ちしております。広く土木建設業界に対するご意見を自由にお書きください。掲載分には薄謝を進呈します。
>> 日経コンストラクション投稿フォーム

中小建設会社もSDGsを工事で実践
今村 忠彦(67、NPO代表)

 滋賀県では中小の建設会社が自主的に集まり、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みを始めた。私も環境分野のNPO代表として協力している。

 ここ数年、大型の台風や集中豪雨による水害が相次いでいる。建設会社は、いざ災害が起これば救助や復旧などに携わるとあって、防災や減災に対する意識が高い。災害時の支援はSDGsに向けた取り組みの1つだ。水害の原因とされる地球温暖化に対しても、ハイブリッド重機を導入するなどして、二酸化炭素の排出量削減に努めている。

 さらに、防災関係の工事をする際は、学校などで児童や近隣住民に工事の目的などを説明し、防災や環境への意識を高めてもらえるようにしている。災害での被害を減らせれば、貧困問題の解決にもつながっていくと考えている。

 国や自治体などもSDGsへの活動を始めている。しかし、その手段はまだどこかおぼろげなように思う。

 まずは日々の活動を通してできることを目標にするとよい。そうすれば、我々のグループのように、中小企業であっても実践的な取り組みができるはずだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら