読者のみなさまからの投稿をお待ちしております。広く土木建設業界に対するご意見を自由にお書きください。掲載分には薄謝を進呈します。
>> 日経コンストラクション投稿フォーム

補修技術者の育成には実践の場が必要
岩切 史人(50、建設コンサルタント会社)

 約20年の建設会社勤務を経て、現在は建設コンサルタント会社の橋梁部に所属している。毎年10人前後の新卒採用があるが、橋梁部は定年後再雇用の部長以下、ベテランが中心だ。主力業務は既設橋梁の点検と補修設計で難度が高いためだ。

 既設橋梁は経年劣化や過去の補修で表面に凹凸、傾斜などがあったり、部材の断面寸法が途中で不規則に変わったりする。隠れた部位が損傷していることもある。こうした千差万別の現況を正確に把握し、図面化して補修方法を検討するには高度な技術力や判断力が必要で、ベテランにふさわしい業務だといえよう。

 しかし、ベテラン技術者は現役のうちに若手を育成し、技術を受け継いでもらわなければならない。そのためには点検や補修を実践する現場の数が不可欠だ。

 点検や補修を継続して実施するためには、予算の確保だけでなく、業界の枠を超えた人材の確保も求められる。例えば、東京五輪のような大イベントがあると、交通誘導員が不足して、点検や補修の現場が滞る恐れがある。たとえ短期間であっても、若手の育成には痛手となる。国や自治体に幅広い対策を期待する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら