読者のみなさまからの投稿をお待ちしております。広く土木建設業界に対するご意見を自由にお書きください。掲載分には薄謝を進呈します。
>> 日経コンストラクション投稿フォーム

生活に密着した工事の情報を期待
岩下 剛司(42、建設会社)

 日経コンストラクションで取り上げられる工事は金額が億単位の大型案件が主である。地方の建設会社に勤める者としては、普段手掛けることが多い3000万~6000万円程度の工事に関する情報も数カ月に1回くらいは載せてほしい。先端技術の見せ場がさほどあるわけではないが、これはこれで難しく、住民生活への貢献度は高い。

 例えば、道路構造物に生じる塩害への対策。塩害は冬場の路面凍結を防ぐために散布する塩化カルシウムの副作用として生じる。私の地元は東北地方の内陸部で、厳冬期には最低気温がマイナス20℃前後まで下がる。鉄道も高速道路も通じていないため、一般道を健全な状態に保てるかは住民にとって死活問題となる。

 塩害による道路構造物の劣化は、個々の規模こそ小さいものの広い範囲に点在するため、対策は手間がかかる。一見健全そうな側溝も蓋を開けると躯体が傷んでいることがある。再劣化を遅らせるよう丁寧に補修しなければならない。

 生活に密着した工事は、土木界に対する一般社会の信頼確保に大きな効果があると思う。施工品質を少しでも高められるよう、専門誌の情報発信に期待している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら