閉じる

新製品・新サービス

日経コンストラクション

目次

  • LRG-50/LRG-500

    通信費と消費電力を抑える地滑り予兆を広範囲に検知

     エコモットは、広い範囲の地滑りや構造物の倒壊などの予兆を素早く検知できる傾斜センサー「LRG-50/LRG-500」を開発し、レンタルなどによる提供を開始した。最大50台の子機をLPWA(省電力広域無線通信)で1台の親機に接続できる。

  • リリーフペイントCP

    駅ホームや階段にライン 高い耐久性で安全確保

     大成ファインケミカルは、駅のプラットホームや階段、商業施設の段差などで注意を促す視認性塗料「リリーフペイントCP」を発売した。ライン状に塗布することで転倒事故や転落事故を防ぐ。

  • GC-240L

    橋梁下部100mまで降下 1台2役をレンタルで提供

     日本ビソーは、橋梁点検車にゴンドラ機能を搭載した1台2役の「GC-240L」を開発し、レンタルサービスを開始した。車体設置面から最大100mまで降下できる。高さのある橋脚に加え、河川や急斜面で基部から近づけない橋脚でも、近接目視を可能にした。

  • Cat D8T

    i-Conに対応 最大11%の燃費低減

     キャタピラージャパンは、土木工事や造成工事で高い能力を発揮するブルドーザー「Cat D8T」をモデルチェンジして発売した。

  • 保険と技術サポート付き ドローンを年単位で賃貸

    ドローンリースサービス

     ミライト・テクノロジーズとNTTファイナンスは共同で、自治体や測量会社、建設会社などの法人を対象に「ドローンリースサービス」を開始した。全ての機体に保険が付くほか、技術サポートも受けられる。

  • 小黒板の情報を連携させ電子納品向けソフトと互換

    ミライ工事2

     太陽工業は、iPhone用の工事写真台帳作成アプリ「ミライ工事2」の提供を開始した。デジタル工事写真の小黒板情報を異なるメーカー間で連携できる機能を追加。公共工事で電子納品向けに使われる写真管理ソフトと互換性を持つ。

  • MMA樹脂と骨材がセット 補修後60分で開放可能

    ジョリシール ホールメンテセット JB-HM

     アイカ工業は、アスファルト舗装に生じた欠損部や段差、わだちなどを素早く補修して、短時間で交通開放できるMMA(メチルメタクリレート)樹脂系の補修材「ジョリシール ホールメンテセット JB-HM」を発売した。

  • 厚さ0.6mmのセンサーで11カ所を同時に検知

    ジュウテンミエルカ

     ムネカタインダストリアルマシナリーは、1本の帯状のシートに超薄型のセンサーを11カ所配置したコンクリート充填管理システム「ジュウテンミエルカ」を発売した。同社と戸田建設が共同で開発した。

  • 単3電池2本で最大46日間の撮影が可能

    TLC2000

     サイホープロパティーズは、フルHD画質で撮影できる台湾・Brinno社製のタイムラプス専用カメラ「TLC2000」を発売した。任意の間隔で撮影した静止画をつなぎ合わせ、建設工事の進捗など長時間の変化を短時間の動画で紹介できる。

  • 人材育成から実務ノウハウの提供まで

    i-BIM+

     アクティオは、アイネットとペーパレススタジオジャパンと共同で、BIM/CIMの導入時や運用時に必要な情報インフラと実務ノウハウ、人材育成、最先端のハードウエアなどをパッケージで提供する月額制のサービス「i-BIM+(アイビムプラス)」を開始する。

  • 特殊角切断に対応 丸のこをぴたりと合わせる

    フリーガイドPRO370C

     TJMデザインは、切り出しガイドを延長することで切削精度を高めた電動丸のこ用ガイド「フリーガイドPRO370C」を発売した。

  • 自在に照らせる独自機構 電池パックと充電器をセット

    EZ3720LA2S

     パナソニックは、工事現場などの様々なシーンで明かりが必要な所を自在に照らせる工事用充電LEDマルチライト「EZ3720LA2S」を発売した。マグネットベース付きの本体と電池パック、充電器をセットにした。

  • 車との衝突時に膨らみ 頭部や胸部を保護

    エアバッグ式安全チョッキ

     中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京と無限電光は、路上作業中の作業員が規制区域内へ誤って進入してきた車両などと衝突した際に、瞬時に膨らむ「エアバッグ式安全チョッキ」を共同で開発し、発売した。事故時の体への衝撃を緩和する。

  • 線形なしの背景図面から3次元データを素早く作成

    EX-TREND 武蔵 Ver.19

     福井コンピュータは、ICT活用工事に指定されていない中小規模の工事でも、3次元の設計データを素早く作成できる機能などを備えた土木施工管理システム「EX-TREND 武蔵 Ver.19」を発売した。

  • 農水省の出来形管理に対応 不陸の計測機能を強化

    TREND-POINT Ver.6.1

     福井コンピュータは、農林水産省のガイドラインに対応する出来形管理機能などを新たに加えた3次元点群処理システム「TREND-POINT Ver.6.1」を発売した。

  • 作業効率が従来比45%向上 安全機能も標準装備

    Cat 330

     キャタピラージャパンは、運転質量が30tクラスの油圧ショベル「Cat 330」を発売した。オフロード法2014年基準の排出ガス規制に適合し、国土交通省の超低騒音型建設機械にも指定されている。

  • 2月からの新規格に適合 ハーネスとランヤードが一体

    ハーネスGS蛇腹ダブルL2セット

     TJMデザインは、2019年2月から施行された労働安全衛生法施行令などに適合する墜落制止用器具「ハーネスGS蛇腹ダブルL2セット」を発売した。フルハーネスとランヤードをセットにすることで価格を抑え、従来の胴ベルト型の安全帯からの買い替えを促す。

  • 写真台帳を自動作成 6368種類の工事に対応

    蔵衛門御用達2020 Professional

     ルクレは、6368種類の工事で電子小黒板入り写真から工事写真台帳を自動的に作成できるソフト「蔵衛門御用達2020 Professional」を発売した。

  • 雑草や枝の伸長を抑制 刈り込みの手間減らす

    ランドワーカー水和剤

     中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京は、雑草や芝生、樹木の枝などの伸長を長期間抑えられる植物成長調整剤「ランドワーカー水和剤」を発売した。

  • パネル1枚から簡単設置 取り付けてすぐに使える

    マイクロソーラー

     カナメは、パネル1枚から簡単に設置できる自家消費型太陽光発電「マイクロソーラー」を発売した。固定買い取り制度を利用しないので申請不要。設置してすぐに使える。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る