閉じる

新製品・新サービス

日経コンストラクション

目次

  • マンホールポンプAIサポートシステム

    運転データを自動分析 異常を早期に通知

     クボタは、人工知能(AI)でマンホールポンプの運転状態を遠隔監視する「マンホールポンプAIサポートシステム」のサービスを開始した。AIが人に代わって運転データを分析。異常を早期に見つけて通知する。

  • GTL-1000

    1台2役で3次元計測 作業時間と人員を半減

     トプコンは、世界で初めて回転式レーザースキャナーを搭載したトータルステーション「GTL-1000」を発売した。基準となる点の座標測定とスキャナーによる点群計測が同時にできるので、作業時間と必要な人員が従来の半分で済む。

  • SK75SR-7

    登坂速度が27%アップ 最大吊り上げ能力も向上

     コベルコ建機は、7トン級の油圧ショベル「SK75SR-7」を発売した。運転席に10インチカラーモニターを装備し、ジョグダイヤルで各種操作をできるようにするなど、機能性や快適性を高めた。

  • E501Dセット

    最大500ルーメンの明るさ 充電池と乾電池に対応

     TJMデザインは、広域を照らす高出力のLEDヘッドライト「E501Dセット」を発売した。

  • カエレル

    経験豊富なベテランが管理
    撮り忘れを速やかに通報

     小田島組は、全国の土木工事を対象に現場写真整理サービス「カエレル」の提供を開始した。写真の整理・管理から出来形データの入力、電子納品データの作成まで引き受ける。

  • ホーク・ストッパードリル

    ストッパーで削孔深さ管理
    初心者でも品質ばらつかず

  • LEDioc RECT

    冠水や塩害に強い照明
    IP67の防じん・防水性能

     岩崎電気は、防浸型樹脂充填LEDユニット「LEDioc RECT」を発売した。高い耐腐食性能を備え、豪雨による冠水や台風・高潮による塩害を受ける場所に設置しても故障しにくい。

  • PC18MR-5

    シリンダーを背面に配置
    積み込み時にぶつけない

     コマツは、ブームのシリンダーをブームの背面側に配置したミニショベル「PC18MR-5」を発売した。ダンプトラックへの積み込み時や深掘り作業時に、シリンダーをぶつけることなく作業できる。

  • スケールダンプ

    積み込み重量を瞬時に表示 低速走行時も計測可能

     大煌工業と極東開発工業、大林道路は共同で、ダンプトラックに計量装置を取り付けて積載物の重量をリアルタイムに計測、表示できる「スケールダンプ」を開発し、発売した。過積載を防ぎ、安全運行を支援する。

  • SF351D

    胸元からむらなく照射 350ルーメンで8時間

     TJMデザインは、墜落制止用器具(ハーネス)の縦ベルトに着脱できるLEDワークライト「SF351D」を発売した。同社によると、ハーネス縦ベルト用のLEDライトは業界初。

  • アクアパック

    水に浸せば貼り付け可能 繰り返し使える

     ユニチカは、コンクリート湿潤養生シート「アクアパック」を発売した。脱型後の現場打ちコンクリートの表面に貼り付け、水中養生と同等の養生ができる。

  • B7-6A

    独自機構のブームを搭載 狭小空間でも深掘り

     ヤンマー建機は、超小旋回油圧ショベル「B7-6A」を発売した。独自機構のブームを備え、狭い場所でも深い側溝などを掘削できる。

  • 衝突被害軽減アシスト

    赤外線とカメラで障害検知 自動で減速して停車

     日立建機は、同社製タイヤローラーに取り付けられる安全装置「衝突被害軽減アシスト」を発売した。

  • 自治体向け災害対策情報提供システム

    スマホ、車、センサーを活用 災害情報を地図上に統合

     応用地質は、センサーやビッグデータを生かした「自治体向け災害対策情報提供システム」のサービスを開始した。大雨や台風などの際、地域の情報を迅速に把握できる。

  • スコッチ・ブライト ベベルパープル

    きついさびも楽に落ちる 作業時間が半減

     スリーエム ジャパンは、黒皮の除去からさび取り、塗膜剥がしまで幅広い用途に対応するグラインダー用ディスク「スコッチ・ブライト ベベルパープル」を発売した。

  • 油圧ショベル バックモニター仕様

    広い後方視界を確保 運転席のモニターに表示

     ヤンマー建機は、複数の超小旋回油圧ショベルにバックモニター仕様を追加して発売した。

  • TREND-POINT Ver.7

    点群からエッジを抽出 トレース作業を効率化

     福井コンピュータは、3次元点群処理システム「TREND-POINT Ver.7」を発売した。ICT土工や舗装工、法面工、浚渫工などi-Constructionに関わる2019年度の要領と基準に対応。測量や設計で活用できる新しい機能などを60項目以上、盛り込んだ。

  • MaxiCut Ultra 44-3745-30

    危険から手を守る 最高レベルの切れにくさ

     ミドリ安全は、刃物を使った作業や廃材処理、金属・ガラス加工時などの切創事故から手を守る手袋「MaxiCut Ultra 44-3745-30」を発売した。

  • DEWALT TSTAK

    11種類を自由に組み合わせ 工具などの持ち運びが楽に

     スタンレーブラック・アンド・デッカーは、全11種類のツールボックスやキャリーカートなどを自由に組み合わせられる「DEWALT TSTAK(デウォルト ティースタック)」を発売した。

  • Cat 950 GC

    作業効率の高いバケット装着 運転席から広い視界を確保

     キャタピラージャパンは、標準バケット容量が3.3m3のホイールローダー「Cat 950 GC」を発売した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る