閉じる

新製品・新サービス

日経コンストラクション

目次

  • 衝突被害軽減アシスト

    赤外線とカメラで障害検知 自動で減速して停車

     日立建機は、同社製タイヤローラーに取り付けられる安全装置「衝突被害軽減アシスト」を発売した。

  • 自治体向け災害対策情報提供システム

    スマホ、車、センサーを活用 災害情報を地図上に統合

     応用地質は、センサーやビッグデータを生かした「自治体向け災害対策情報提供システム」のサービスを開始した。大雨や台風などの際、地域の情報を迅速に把握できる。

  • スコッチ・ブライト ベベルパープル

    きついさびも楽に落ちる 作業時間が半減

     スリーエム ジャパンは、黒皮の除去からさび取り、塗膜剥がしまで幅広い用途に対応するグラインダー用ディスク「スコッチ・ブライト ベベルパープル」を発売した。

  • 油圧ショベル バックモニター仕様

    広い後方視界を確保 運転席のモニターに表示

     ヤンマー建機は、複数の超小旋回油圧ショベルにバックモニター仕様を追加して発売した。

  • TREND-POINT Ver.7

    点群からエッジを抽出 トレース作業を効率化

     福井コンピュータは、3次元点群処理システム「TREND-POINT Ver.7」を発売した。ICT土工や舗装工、法面工、浚渫工などi-Constructionに関わる2019年度の要領と基準に対応。測量や設計で活用できる新しい機能などを60項目以上、盛り込んだ。

  • MaxiCut Ultra 44-3745-30

    危険から手を守る 最高レベルの切れにくさ

     ミドリ安全は、刃物を使った作業や廃材処理、金属・ガラス加工時などの切創事故から手を守る手袋「MaxiCut Ultra 44-3745-30」を発売した。

  • DEWALT TSTAK

    11種類を自由に組み合わせ 工具などの持ち運びが楽に

     スタンレーブラック・アンド・デッカーは、全11種類のツールボックスやキャリーカートなどを自由に組み合わせられる「DEWALT TSTAK(デウォルト ティースタック)」を発売した。

  • Cat 950 GC

    作業効率の高いバケット装着 運転席から広い視界を確保

     キャタピラージャパンは、標準バケット容量が3.3m3のホイールローダー「Cat 950 GC」を発売した。

  • COOL MQ

    遮熱シートで屋根覆う 専用エアコンも装備可能

     太陽工業は、建設現場やイベント会場などに設営できる熱中症対策テント「COOL MQ」を発売した。休憩スペースや救急処置室として使える。

  • RD-MC

    自動で舗装修繕 60%以上の省人化

     トプコンは、GNSS(衛星を用いた測位システムの総称)で3次元マシンコントロールができる路面切削システム「RD-MC」を発売した。

  • バリオスネット

    葛がフェンスに絡まない 除草の手間を省く

     小泉製麻は、葛(くず)などのつる性多年草がフェンスに絡んで登はんするのを防ぐネット「バリオスネット」を発売した。国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録済み。

  • ライトファースト/ハードファースト

    1回で厚さ5cmの塗り付け 軽量と高強度の2タイプ

     エービーシー商会は、コンクリート構造物の欠損部や損傷部を修復する断面修復材「ライトファースト」と「ハードファースト」を発売した。

  • FJ218D

    服の中を風が行き渡る 袖を外せばベストにも

     マキタは、袖を外せばベストとしても使える充電式ファンジャケット「FJ218D」を発売した。

  • KX-05

    合成スエード素材を採用 耐摩耗性と快適性を両立

     ミドリ安全は、機能性とデザイン性を兼ね備えた重作業用手袋「KX-05」を発売した。

  • eYACHO for Business 5

    工事写真の電子納品に対応 JACICの認定を受ける

     MetaMoJiは、タブレット端末などで使えるデジタル野帳「eYACHO for Business 5」を発売した。工事写真に撮影情報などを埋め込み、写真台帳や出来形管理表を作成できる他、電子納品にも対応する。図面などの上にレイヤーを重ね、複数の人が個々に編集できる機能も加えた。

  • UT130DRG

    コードレスでかき混ぜ可能 電源環境に左右されない

     マキタは、コードレスでモルタルや塗料などをかき混ぜられる充電式撹拌機「UT130DRG」を発売した。建設現場の電源環境に左右されず、取り回しやすい。

  • D-NET

    地整の入札情報を配信 ICT活用工事が一目瞭然

     ベーシックインフォメーションセンターは、国土交通省の8地方整備局と北海道開発局、内閣府沖縄総合事務局が入札公告する工事の情報や落札情報を毎週、エクセルファイルで配信する土木工事情報サービス「D-NET」を開始した。ICT活用工事の対象かどうかや掘削土量、応札者なども把握できる。

  • 虫避けマジックバンド

    虫が嫌う成分を配合 巻き付けるだけで侵入防ぐ

     クラレファスニングとニックスは、面ファスナーに防虫機能を加えた「虫避けマジックバンド」を共同で開発し、発売した。配電盤につながる配線などに巻き付けておくだけで、アリやクモ、ムカデなど歩行する虫の侵入を防げる。

  • 杭ナビVision

    スマートグラスに座標表示 杭打ち点まで素早く誘導

     トプコンは、自動追尾機能を備えた杭打ち用のトータルステーション「LN-100」に、眼鏡型ウエアラブル端末のスマートグラスを組み合わせたシステム「杭ナビVision」を発売した。スマートグラスに表示される誘導画面を見ながら、登録した座標の杭打ち点まで素早く移動できる。

  • DPX-318H

    モーションセンサーを搭載 手をかざして点灯・消灯

     ジェントスは、手をかざすだけで点灯・消灯を切り替えられるLEDヘッドライト「DPX-318H」を発売した。手が汚れていたり、手袋を着けていたりしても簡単に操作できる。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る