閉じる

新製品・新サービス

日経コンストラクション

目次

  • eYACHO for Business 5

    工事写真の電子納品に対応 JACICの認定を受ける

     MetaMoJiは、タブレット端末などで使えるデジタル野帳「eYACHO for Business 5」を発売した。工事写真に撮影情報などを埋め込み、写真台帳や出来形管理表を作成できる他、電子納品にも対応する。図面などの上にレイヤーを重ね、複数の人が個々に編集できる機能も加えた。

  • UT130DRG

    コードレスでかき混ぜ可能 電源環境に左右されない

     マキタは、コードレスでモルタルや塗料などをかき混ぜられる充電式撹拌機「UT130DRG」を発売した。建設現場の電源環境に左右されず、取り回しやすい。

  • D-NET

    地整の入札情報を配信 ICT活用工事が一目瞭然

     ベーシックインフォメーションセンターは、国土交通省の8地方整備局と北海道開発局、内閣府沖縄総合事務局が入札公告する工事の情報や落札情報を毎週、エクセルファイルで配信する土木工事情報サービス「D-NET」を開始した。ICT活用工事の対象かどうかや掘削土量、応札者なども把握できる。

  • 虫避けマジックバンド

    虫が嫌う成分を配合 巻き付けるだけで侵入防ぐ

     クラレファスニングとニックスは、面ファスナーに防虫機能を加えた「虫避けマジックバンド」を共同で開発し、発売した。配電盤につながる配線などに巻き付けておくだけで、アリやクモ、ムカデなど歩行する虫の侵入を防げる。

  • 杭ナビVision

    スマートグラスに座標表示 杭打ち点まで素早く誘導

     トプコンは、自動追尾機能を備えた杭打ち用のトータルステーション「LN-100」に、眼鏡型ウエアラブル端末のスマートグラスを組み合わせたシステム「杭ナビVision」を発売した。スマートグラスに表示される誘導画面を見ながら、登録した座標の杭打ち点まで素早く移動できる。

  • DPX-318H

    モーションセンサーを搭載 手をかざして点灯・消灯

     ジェントスは、手をかざすだけで点灯・消灯を切り替えられるLEDヘッドライト「DPX-318H」を発売した。手が汚れていたり、手袋を着けていたりしても簡単に操作できる。

  • WD100-FA02

    バッテリーで10年間駆動 橋などの水和熱の監視に

     アイエスエイは、少ない消費電力で広いエリアをカバーできるLPWA(省電力広域無線通信)の一種でLoRaと呼ぶ通信技術を使った熱電対温度計測ユニット「WD100-FA02」を発売した。

  • ペンギンテープ4500

    長期保管でも変形しにくい直線性や粘着性に優れる

     サンスターグループは、シーリング材用マスキングテープ「ペンギンテープ4500」を発売した。長期保管しても変形しにくく、安定した性能を発揮する。

  • TDOT GREEN

    陸上も水底も面的に計測 操縦やデータ解析の支援も

     パスコは、陸上と水底を同時に3次元測量できるグリーンレーザースキャナー「TDOT GREEN」を発売した。積載可能重量が3kg以上のドローンに取り付けて、河川や海岸の地形などを上空から面的に把握できる。

  • ウィンジョブ ロングスリーブ クールトップ

    首筋や腰にメッシュ生地 煙突効果で熱気を排出

     アシックスジャパンは、建設業などに従事する人向けのインナーウエア「ウィンジョブ ロングスリーブ クールトップ」を発売した。衣服内にこもりがちな熱気を効率良く排出し、空冷機能を高めた。

  • コンボイエレキテル

    コーキング剤を均一に施工 きれいに仕上がる

     TJMデザインは、小型で軽量の電動式コーキングガン「コンボイエレキテル」を発売した。押し出し棒をモーターで駆動するので、コーキング剤などの押し出し量が均一となり、きれいに仕上がる。

  • LRG-50/LRG-500

    通信費と消費電力を抑える地滑り予兆を広範囲に検知

     エコモットは、広い範囲の地滑りや構造物の倒壊などの予兆を素早く検知できる傾斜センサー「LRG-50/LRG-500」を開発し、レンタルなどによる提供を開始した。最大50台の子機をLPWA(省電力広域無線通信)で1台の親機に接続できる。

  • リリーフペイントCP

    駅ホームや階段にライン 高い耐久性で安全確保

     大成ファインケミカルは、駅のプラットホームや階段、商業施設の段差などで注意を促す視認性塗料「リリーフペイントCP」を発売した。ライン状に塗布することで転倒事故や転落事故を防ぐ。

  • GC-240L

    橋梁下部100mまで降下 1台2役をレンタルで提供

     日本ビソーは、橋梁点検車にゴンドラ機能を搭載した1台2役の「GC-240L」を開発し、レンタルサービスを開始した。車体設置面から最大100mまで降下できる。高さのある橋脚に加え、河川や急斜面で基部から近づけない橋脚でも、近接目視を可能にした。

  • Cat D8T

    i-Conに対応 最大11%の燃費低減

     キャタピラージャパンは、土木工事や造成工事で高い能力を発揮するブルドーザー「Cat D8T」をモデルチェンジして発売した。

  • 保険と技術サポート付き ドローンを年単位で賃貸

    ドローンリースサービス

     ミライト・テクノロジーズとNTTファイナンスは共同で、自治体や測量会社、建設会社などの法人を対象に「ドローンリースサービス」を開始した。全ての機体に保険が付くほか、技術サポートも受けられる。

  • 小黒板の情報を連携させ電子納品向けソフトと互換

    ミライ工事2

     太陽工業は、iPhone用の工事写真台帳作成アプリ「ミライ工事2」の提供を開始した。デジタル工事写真の小黒板情報を異なるメーカー間で連携できる機能を追加。公共工事で電子納品向けに使われる写真管理ソフトと互換性を持つ。

  • MMA樹脂と骨材がセット 補修後60分で開放可能

    ジョリシール ホールメンテセット JB-HM

     アイカ工業は、アスファルト舗装に生じた欠損部や段差、わだちなどを素早く補修して、短時間で交通開放できるMMA(メチルメタクリレート)樹脂系の補修材「ジョリシール ホールメンテセット JB-HM」を発売した。

  • 厚さ0.6mmのセンサーで11カ所を同時に検知

    ジュウテンミエルカ

     ムネカタインダストリアルマシナリーは、1本の帯状のシートに超薄型のセンサーを11カ所配置したコンクリート充填管理システム「ジュウテンミエルカ」を発売した。同社と戸田建設が共同で開発した。

  • 単3電池2本で最大46日間の撮影が可能

    TLC2000

     サイホープロパティーズは、フルHD画質で撮影できる台湾・Brinno社製のタイムラプス専用カメラ「TLC2000」を発売した。任意の間隔で撮影した静止画をつなぎ合わせ、建設工事の進捗など長時間の変化を短時間の動画で紹介できる。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る