閉じる

技術士一直線2018

日経コンストラクション

目次

  • 「トレードオフ」の解決でアピール

    第9回 口頭試験対策(総合技術監理部門)

     前回の建設部門に続き、総合技術監理部門の口頭試験対策を指南する。対策の基本は変わらない。注意したいのは、筆記試験と同様に相反関係(トレードオフ)の問題に対して、5つの管理技術を用いてどう対処したかを説明することだ。

  • 想定問答を最低100個準備する

    第8回 口頭試験対策(建設部門)

     いよいよ、10月末に筆記試験の合格発表を迎える。合格者は11月下旬~1月中旬に実施される口答試験に挑むことになる。各試問事項に対して60%以上の得点を得るために、想定問答は最低でも100個は準備して臨むことが重要だ。

  • 戸惑った受験者も少なくなかった?

    第7回 今年度の筆記試験の解説

     今年も、技術士第二次試験の筆記試験が7月に実施された。ここでは、速報で建設部門と総合技術監理部門の出題内容を解説する。国土交通白書や過去の類似問題からの出題が多かったのは例年通りだが、若干、これまでにない新しい設問もあったようだ。択一式の自己採点で一定水準を超えた受験者は11月の口答試験に向けて、…

  • 出題者が書いてほしいことを書く

    第6回 試験当日の対応と、直後の行動

     いよいよ筆記試験が7月16日に迫る。これまでの勉強の成果を最大限に発揮してもらうために、第6回では試験当日の対応と直後の行動について指南する。「自分の書きたいこと」ではなく、出題者の意向を反映して、「出題者が書いてほしいことを書く」ことが重要だ。さらに、口答試験のためにも、試験終了後、遅くとも翌日…

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る