JR東日本は線路を点検するための装置を在来線の車両に取り付け、そのデータを解析して安全確保に生かす「無人モニタリングシステム」を運用している。従来の手法と比べて、点検の回数を増やせるので安全性が高まる。2020年度末までに、首都圏のほとんどの路線と地方の主要路線に導入する方針だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら