太平洋セメントは、セメントを製造するキルン(回転窯)からの排出ガスを対象に、二酸化炭素(CO2)を分離・回収する国内初の試みを2019年1月から始めた。同社の藤原工場に試験装置を設置。「アミン」という化合物を含む水溶液にCO2を吸収させる「化学吸収法」を用いる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら