鹿島は、現場伸展方式の鉄筋かごを用いた「ストランド場所打ち杭工法」を、東京・JR渋谷駅の改良工事に伴う仮設橋脚で初めて適用した。鉄筋かごは縦軸方向の配筋にストランド(ワイヤ)を用い、折り畳めるようにした。伸展させると折り畳んだ状態の約6倍の長さになる。資材搬入が容易となった他、通常は5日間程度を要する建て込み作業が5時間で済んだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら