掘削した岩山は「竜頭島」と呼ばれ、漁港整備に伴う1980年代の埋め立て時に残した小さな島の一部に当たる。埋め立て時に取り崩す予定だったが、市民からの要望で陸地の一部として残していた。岩山の大きさは、高さ約6m、長さ約15m、幅約10mだった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら