AI(人工知能)スキルを磨けば、年収は上がるのだろうか。ITエンジニア1700人を対象に実施したAIスキル調査では、AIスキルと年収の関係について分析した。

 AIの導入や活用に関する意識調査の結果を見ていく。調査では「会社として」「個人として」のそれぞれについて、AIに取り組むべきかを尋ねた。その結果、約6割が「会社として取り組むべき」と答えたのに対し、「個人として」は4割だった。会社としてAIへの取り組みが必要と自覚しつつ、必ずしも自分の問題とは捉えていない実態が透けて見える。

図 AIへの取り組みに関する意識
「会社としてAIに取り組むべき」は6割弱
[画像のクリックで拡大表示]

 だがIT人材が自身の年収を高めていく上で、AIに取り組むのが得策との見方もできそうだ。会社としてのAIへの取り組みと年収の関係を見ると、平均年収が高まるにつれて、「会社としてAIに取り組むべき」と答えた割合が大きくなる傾向が見られた。年収350万円以下は47.9%と半数弱だったが、年収1000万円以上は89.1%に達した。AIの活用に積極的な企業で働く人は高い年収が期待できるようだ。

図 年収と会社としてのAIへの取り組み姿勢の関係
年収が高い人ほど「会社としてAIに積極的」
[画像のクリックで拡大表示]

 年収とAI関連のスキルレベルとの関係を見ると、年収が高い人ほど高いスキルを備える。大まかに年収350万~600万円程度はレベル1、同600万~900万円程度はレベル2、同900万円超がレベル3という傾向が表れている。AI関連のスキルを磨く行動が、高い評価や年収につながると考えられる。

図 年収とAI系スキルレベルの関係
高収入の人ほどAIスキルが高い
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら