写真:Getty Images

クリスマスを控えた今の時期は、年末商戦の荷物が殺到する超繁忙期だ。だが肝心の運送会社は人手不足に悩み、賃金未払いの問題も重なる。もはや既存の運送会社に頼ってはいられない̶̶。小売業やEC、商社、ガスなど様々な業種の企業が物流改革に乗り出した。AIやロボットなど「物流テック」を駆使して倉庫の無人化や配送改革に挑んでいる。物流は戦争における「兵站」であり、ビジネス競争の行方を左右する重要な機能だ。米アマゾン・ドット・コムの躍進により、多くの企業がその大切さを痛感した。ファーストリテイリング、ニトリHD、楽天、三井物産などが築く兵站の最前線に迫る。

出典:日経コンピュータ、2018年12月20日号 pp.24-39 「物流テック AI時代の「兵站」最前線」を改題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。