これを押さえておけば成果を出せる。知らないと痛い目にあう――。先進企業やIT企業への徹底取材を通じて、RPA導入の勘所を「格言」としてまとめた。早速見てみよう。

 何事も道具選びは大切である。RPAを実現するためのツールにどのようなものがあるのか。選び方や使いこなすための注意点を押さえよう。

ツールを知れば危うからず

 ここ1年でRPAツールベンダーは開発支援機能を充実させたり操作できるアプリケーションの種類を増やしたりして、機能拡充を競っている。ツールの最新機能を理解することは、RPAの導入を成功させる第一歩と言える。

 しかしそれだけでは不十分だ。「RPAツールを導入したものの思うように活用が進まない企業が増えている」(NECの服部佳正AIプラットフォーム事業部マネージャー)。

 ポイントはRPAツールの使い手を想定しながら製品を選ぶことだ。システム開発やプログラミングの知識を前提にした製品からPC操作を記録する簡易な製品まで、様々なRPAツールが存在する。「どの程度のITスキルを持つ人がソフトロボを開発するのかを踏まえて選びたい。担当者が実際にソフトロボを開発できるかどうかを、PoCで確かめておくべきだ」(NTTデータの中川拓也RPAソリューション担当課長)。

図 RPAツールが備える、開発や運用の支援機能の例(その1)
(画像提供:ベリントシステムズジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
図 RPAツールが備える、開発や運用の支援機能の例(その2)
(画像提供:富士通コンピュータテクノロジーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

稼働後の運用も見越して選定を

 開発のしやすさだけでなく、運用後にトラブルが発生した状況を想定したチェックもしておきたい。ソフトロボが不具合で止まったら通知する仕組みがあるか、不具合の状況を把握できる機能があるかといった視点だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら