AIやIoTを活用して水産業が抱える問題解決に挑む「漁師」コンピューターの動きが増えている。ノリやサクラマスの生育環境をIoTで監視する取り組みはその1つだ。水温や塩分濃度などをクラウドに集め、養殖効率を高める。九州の有明海や山形県の現場に迫った。

 日本人の食卓に欠かせない海産物の1つがノリ(海苔)だ。国内の総生産量の約4割は九州・有明海で取れる。

 有明海でノリの養殖を手掛ける福岡県の大和漁業協同組合は2017年秋、ある問題に悩んでいた。ノリを育てる網から胞子が流れ落ちる「芽落ち」が発生したのだ。同組合の生産量は年約3億枚に上る。芽落ちが生じると生産量が落ちてしまう。

 広い漁場でその兆候を探るのは難しい。同組合はIoT(インターネット・オブ・シングズ)の活用に乗り出した。

海の状態を可視化、問題を解明

 ノリが順調に育つためには適度な海水温度と塩分濃度が必要だ。芽落ちが発生したのは、このどちらかに異変が生じたからだと同組合はにらんだ。

 大和漁業協同組合はNTTドコモの協力を得て、ドコモのセンサー付き海洋気象ブイ「ICTブイ」を採用。2017年10月中旬から下旬にかけて、複数の漁場で海水温と塩分濃度を計測した。

[画像のクリックで拡大表示]
図 大和漁業協同組合がノリ養殖場を分析した例
不作の原因をセンサー付きブイで探る(注:NTTドコモの資料を基に日経コンピュータ作成/写真提供:NTTドコモ)

 1時間に1回データを測り、クラウドに送る作業を24時間繰り返した。その上で生育不良の漁場のデータを他の漁場のデータと比べ、原因を探った。すると芽落ちが発生した漁場における塩分濃度が他の漁場よりも不安定であると分かった。

 大和漁業協同組合は分析結果を基に、漁場を他の場所に移した。2018年夏には漁場における潮の流れを整えるため、海底を砂で覆うなどの対策を講じた。同組合の田中智幸総代長は「船を出して漁場の状況を目視で確認しなくても、海の状態を見える化して対策を打てた」と振り返る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら