PC作業の効率化による時短効果は、年1700万時間にも及ぶ――。大企業90社への調査から、RPAの威力がはっきりと見えてきた。1社で年100万時間分のPC作業を減らす「強者」企業も増えそうだ。

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)によって自動化したPC作業時間の合計は2020年末に、回答した50社の合計で年1700万時間にも達する―――。日経コンピュータが実施したRPAの活用状況に関する独自調査から、こうした実態が浮かび上がった。調査は国内の大手企業を中心に2019年8~9月に実施。163社に調査票を配布し90社から回答を得た(最後に調査概要を掲載)。

 調査は「RPAによって自動化(削減)できた時間」「RPAツールによって開発・稼働させているソフトウエアのロボットの台数」「導入時期」「推進体制」「適用業務」「導入しているRPAツール名」などを調べた。それぞれの結果を詳しく見ていこう。

10万6200人月分が消滅予定

 まずは「RPAによって自動化できた時間」と「開発・稼働させているソフトロボの台数」だ。有効回答を得た66社が2019年夏の時点でRPAによって自動化したパソコン作業時間の合計は、年610万1500時間だった。

 仮にこれだけのPC作業を人手でこなすとすると、3万8100人月分の労働力を確保する必要がある。1カ月を20日、1日8時間働くとすると、160時間が1人月となる。これで合計の610万1500時間を割って導き出した。

 RPAを導入している企業は今後も自動の対象を増やす計画だ。2020年末までにRPAによって自動化する作業時間の計画を回答した50社を集計したところ年1699万6100時間となった。2019年までの自動化時間の2.8倍に当たる結果だ。10万6200人月分のPC作業が自動化される計算になる。

 2019年現在で既にPC作業を年100万時間以上自動化したのは三井住友フィナンシャルグループ1社にとどまる。しかし2020年末にはソフトバンク、損害保険ジャパン日本興亜、東京電力エナジーパートナー、富士フイルムホールディングスの4社も年100万時間以上の自動化を実現する見通しだ。このうちソフトバンクはAI(人工知能)の活用を含めて年844万8000時間のPC作業などを自動化する計画を打ち出している。たった1社で5万2800人月の作業量を省ける計算になる。

図 RPAによって自動化した作業量とソフトロボに関する結果
年610万時間のPC作業が自動化
[画像のクリックで拡大表示]

1万5000台が稼働中

 調査はPC作業を自動化するソフトウエアロボット(ソフトロボ)の数も尋ねた。ソフトロボはRPAツールによって開発し、人間に代わってPCを操作する。78社の回答結果を集計すると、2019年までに累計で1万5000台のソフトロボを開発し、稼働させてきたことが分かった。

 さらに2020年末までに何台のソフトロボを稼働させるのかも質問したところ、58社が回答。合わせて1万7900台が稼働する見込みだ。

 RPAによって自動化した作業時間に関する回答の分布を見ると、興味深い事実が分かった。自動化した時間数に応じて、回答企業が3つのグループに分かれていたのだ。1社で年50万時間以上のPC作業を既に自動化した「超先進集団」と、年6万時間~年20万時間を自動化した「先進集団」、年5万時間以下を自動化した「メイン集団」である。超先進集団と先進集団は全体の2割弱にとどまり、メイン集団が8割を占めた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら