(写真:スタジオキャスパー)

2020年、東京五輪・パラリンピックの年に新たな社会インフラが産声を上げる。第5世代移動通信システム(5G)だ。今から55年前、東京五輪・パラリンピックの際に開通した「夢の超特急」新幹線は速さと運行の正確さで日本経済の発展に貢献した。5Gも高速かつ低遅延でデジタルデータを運び、人々の生活や企業活動に再び変革をもたらそうとしている。新たな「夢の超特急」5Gを巡る国内外の動きを追った。

出典:日経コンピュータ、2019年10月17日号 pp.28-39
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。