14部門で首位交代、前回圏外だった企業による「下克上」も――。最新の顧客満足度調査は波乱含みの結果となった。新設のAIやIoTなどを含む全28部門について総括する。

 24回目となる「顧客満足度調査 2019-2020」はデジタル関連部門を新設し、全28部門について調査した。前回から2部門増やした。首位は14部門が入れ替わる激戦だった。

顧客満足度調査 2019-2020 1位 獲得企業
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザー企業はAI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などのデジタル技術を駆使して会社や事業の在り方を変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」にかじを切り始めた。こうした変化を受け、「ITコンサルティング/上流設計関連サービス」「システム開発関連サービス」「クラウド基盤サービス」などサービス部門の首位が全て入れ替わった。ユーザー企業がITベンダーへの評価を厳しく見ているとも言える。

 調査は企業や自治体などの情報システム部門に対してアンケート形式で実施した。IT関連の製品やサービスを28部門に分け、それぞれについてベンダーの満足度を尋ねた(末尾の調査概要を参照)。

 調査内容は一部を見直した。まず、デジタル関連の3部門を新たに加えた。具体的にはAIを活用したシステムを開発するための「AI関連ソフト/サービス」、IoT関連やIoT機器向け通信のLPWA(ローパワー・ワイドエリア)を対象とした「IoT/LPWAサービス」、そして「ネットワークサービス(無線型)」である。「セキュリティ対策製品」は前回調査時に2部門に分けていた「PC向け」と「ネットワーク向け」を統合して1部門にまとめた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら