VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の技術が進化し、企業が相次いで業務や顧客サービスへの活用を始めた。例えば社員に事故の恐怖を体験させ安全教育の効果を高める。顧客サービスではフェンス内からの野球観戦や、住宅の新しい販売方法が生まれている。VR・ARの特性を生かし「魂を揺さぶる」取り組みだ。ビジネス現場での活用事例を取り上げると共に、VR・ARを利用するうえで直面しやすい課題と解決策、業務利用に向く最新デバイスの選び方を紹介する。(特集取材班)

出典:日経コンピュータ、2019年7月25日号 pp.26-39
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。