(写真:スタジオキャスパー、撮影協力:ピー・シー・エー)
[画像のクリックで拡大表示]

 令和の時代に未だFAX--。非効率な手順が残る企業の受発注業務に新たな革命の波が迫りつつある。次世代のEDI(電子データ交換)だ。大企業から中小企業まで巻きこんだ国レベルの動きである。「EDIなんて何をいまさら」と思ったら大間違いだ。企業の効率を高め、日本の競争力を底上げする威力を秘める。4年後のインボイス導入や5年後のISDN廃止を見据えると、いまが絶好の導入チャンスだ。

出典:日経コンピュータ、2019年7月11日号 pp.20-33
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。