日本ディープラーニング協会(JDLA)が2019年7月6日に「2019年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)」を実施した。ディープラーニングを事業に生かすための知識を持っているかどうかを検定する試験だ。試験は自宅のパソコンを使ってオンラインで受験する。試験時間は120分で、226問の選択式の小問を解く。記者はこの試験を受験した。その顛末を紹介したい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら