OSS(オープンソースソフトウエア)ビジネスの潮流は「Kubernetes」によって一変した。そのことを改めて感じさせる出来事があった。OSSビジネスを営む米メソスフィアが2019年8月5日(米国時間)、社名を「D2iQ」に変更したと発表したのだ。同社はOSSである「Apache Mesos」の主要開発元であり、Mesosの商用版「Mesosphere」や「DC/OS」を販売していた。MesosやDC/OSが何なのかを分かりやすく言うと「Kubernetesのようなもの」である。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら