NTTドコモとソフトバンクに続き、KDDI(au)が新料金を発表した。「家族割」や「ゼロレーティング」など他社に劣っていた部分を補強しつつ、通信量の上限を撤廃したプランまで投入してきた。筆者が感心したのはアップセル(顧客単価の上昇)を期待できそうな要素が多い点だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら