(写真:Getty Images)

あらゆる技術には光と影がある。AIも例外ではない。フェイク動画で人をだます、人の行動を操作する、自動運転ソフトを誤動作させて人を傷つける―。AIが悪意に操られる危機は今そこにある。AIがこの先も私たちの良きパートナーであり続けるためにも、AIの「ダークサイド」を知っておく必要がある。

出典:日経コンピュータ、2018年5月24日号 pp.46-53
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。