ANAグループは客室や空港など現場の各部門でDXを一斉に進めている。特筆すべきは「PoC倒れ」を防ぐ、オペレーション改革とセットの進め方だ。水面下で広がる人手不足に先んじることができるか。

 2019年3月21日、小雨の成田空港。520席を有する超大型機「A380」が難なく着陸した。

 ANAHDが前日に欧州エアバスから受領したばかりの1号機が製造工場のあるフランス・トゥールーズから12時間かけて納入(回航)された瞬間だ。現地での受領式からA380に乗って帰国したANAHDの片野坂真哉社長は「成田付近は風が少しあったが、大型機だけあって揺れずに安定して着陸できた」と快適さをアピールした。

乗務員同士がワイヤレス会話

 記念すべきこの回航フライトには、実はもう一つの重大なミッションがあった。客室サービスの質を高めるDXの実証実験の舞台になっていたのだ。

 実質的な本番投入の日は近い。A380をホノルル線に投入するのは約1カ月後の2019年5月24日だ。この日以降、A380に乗る延べ約2000人の客室乗務員が大規模試験導入する。

 「この銘柄のドリンクを1つお願いします」「2階のお客さまは全て降りました」――。総2階建てで縦にも横にも広いA380には1便当たり20人と従来のハワイ線の2.2倍もの客室乗務員が乗る。客室乗務員をよく見ると、みな片耳にイヤホンマイクをしている。

図 ANAが「A380」で試験導入するBluetoothイヤホンマイク
超大型機のサービスを効率化し、乗客がくつろぐ時間を増やす
[画像のクリックで拡大表示]
客室乗務員は片耳にBluetoothイヤホンマイクを装着する(写真提供:全日本空輸(客室乗務員))
[画像のクリックで拡大表示]
A380は客室が広いうえ2層に分かれているため、最初の試験導入対象とした(写真:的野 弘路(A380))
[画像のクリックで拡大表示]

 これで機内のどこにいても連絡を取り合える。従来機は機内の数カ所に据え付けたインターホンでやりとりする必要があり、機内食のサービス時などは緊密なコミュニケーションを取りにくかった。

 ドリンクサービスでは乗客からカートに載せていない飲み物を依頼されることがしばしばある。以前は客室乗務員がいったんギャレー(厨房)に戻り、ギャレー担当の客室乗務員に依頼していたが、イヤホンマイクで伝達できればその都度戻る必要がなくなる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら