営業折衝の最終段階に控えるのが「クロージング」だ。顧客から受注するには、顧客の「発注条件」を正確に把握する必要がある。スケジュールを区切りつつ、発注までのギャップを埋める作業を繰り返そう。

 この連載ではSEから営業職に転向した人に向けて、SEの強みを生かした「ロジカルセールス」の進め方を筆者の経験とノウハウを基に説明しています。

 これまで、アポの取り方、初回訪問の心得、環境準備、会社説明、商品説明の仕方を取り上げました。いよいよ営業折衝の最終段階である「クロージング」を解説します。

 営業活動は受注につながらなければ意味がありません。極端に言えば、営業は受注のために働いているのです。

 クロージングに当たり、どうすれば顧客から受注できるでしょうか。今回はこの点についてお話しします。

 「商品を説明するのは得意ですが、受注に話を持っていくのがどうも苦手です。お客さんに『注文ください』とはなかなか言いにくいのですが……」

 よくこんな悩みを耳にします。どうやら、こう悩む人は営業の折衝と受注とを別物と考えているようです。

 筆者も最初はそう考えていました。しかし、折衝と受注を異なるものとして捉えると、営業折衝は以下のような消耗戦になってしまいます。

  • 商品を説明する
  • 顧客から質問があれば回答する
  • 見積書が必要か確認して、必要であれば提示する
  • 見積書を提示した後で、初めて受注を意識した交渉を開始する
  • 質疑応答や金額調整の話が延々と続き、受注に至らない……

 折衝と受注とは決して別物ではありません。営業折衝の結果として「受注」があるのです。つまり、受注を目的とした営業折衝のストーリーを作ればよいわけです。そのためには、受注の構造を理解する必要があります。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら