閉じる

ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

日経コンピュータ

目次

  • 実店舗で通販客を呼び込む 価値とコストのバランスを工夫せよ

    [第28回]

     新たな商品やサービスの拡販には、商売の構造にメリハリを付けることが肝要だ。価値の訴求とコスト削減のバランスを工夫することが大切である。コスト構造を可視化するには「コスト改革分析シート」を活用しよう。

  • スマホ決済のポイントバック地獄、「組み合わせ発想術」で抜け出せ

    [第27回]

     競合と差異化できない商品やサービスは、価格引き下げ競争で疲弊し、いずれビジネスの継続が困難になる。複数の課題の同時解決を目指す発想法で、オリジナリティーのある企画を生み出そう。

  • 冬の豪雪地帯に観光客を呼び込め、「ありきたり」を価値に変える発想術

    [第26回]

     旅行などのコト商材は、顧客が「楽しそうだ」と思う顧客経験価値を持たせることが重要だ。売り手には「ありきたりで価値がない」ものも、買い手には「価値がある」ものになり得る。ありきたり→価値創造分析シートを使い、コト商材の優れたアイデアを引きだそう。

  • 中堅コンビニが首都圏進出に失敗 店舗戦略とスマホで起死回生

    [第25回]

     店舗販売で事業を拡大するには、他社と差異化できる強みを持たせるだけでは足りない。強みを維持しつつ、価格を低く抑えるための斬新な発想が求められる。コスト改革分析シートを使い、常識にとらわれないビジネスモデルの創出法を学ぼう。

  • 里山の町に客を呼び込む 「非日常」を低コストで実現

    [第24回]

     客を集める商材を設計するには、非日常を味わえる経験価値が欠かせない。集客という効果を早く得られるよう、商材の準備に時間やコストをかけないことも重要になる。ターゲット顧客のニーズを満たし、かつ「安く、早く」提供できる商材の設計法を学ぼう。

  • 神社に魅力的な土産物が足りない 価値を高める4つの視点を学ぶ

    [第23回]

     売り上げ拡大につながる新たな商品を企画、販売するには、他にはないオリジナルな価値を持たせ、その価値を分かりやすく伝えることが重要だ。「商品価値4項目分析法」を使い、魅力的な商品を設計するノウハウを学ぼう。

  • 小規模酒造に廃業の危機 コスト分析で商売の常識を打ち破る

    [第22回]

     製造し、流通に乗せ、店舗で売る。こうした商売の「常識」にとらわれたままでは、各工程で発生する在庫コストや廃棄ロスなどを減らすことはできない。「コスト改革分析シート」を使い、新たなビジネスモデルを発想する方法を学ぼう。

  • ホームセンターをITで無人に 「反常識分析」で売り場を変える

    [第21回]

     顧客特性と売り場が合っていない店舗は、顧客の心をつかむことができない。常識にとらわれた店舗設計のままでは、競合との価格競争に巻き込まれ埋没してしまう。「反常識分析」を通じて、顧客の特性に合い、かつ競合と差異化した店舗を設計しよう。

  • 野菜宅配、価格の不満で客離れ ICTがコストの壁を破る

    [第20回]

     新サービスを成功させるには、店舗や宅配のコストをどう抑えるかが重要だ。例えば生鮮品の販売は、戸別宅配、店舗販売ともに相応のコストがかかる。コスト改革分析シートを使い、コスト構造を見える化して削減につなげる方策を学ぼう。

  • 体操服の素材をビジネススーツに 特徴を生かした横展開を学ぶ

    [第19回]

     既存の商品を横展開して収益を拡大させるには、単純に販路を増やすだけでは不十分だ。これまでとは異なる市場に、商品の特徴を生かした新たな商品を投入する必要がある。「商品横展開分析シート」を使い、有望な商品や市場を可視化する方策を学ぼう。

  • 古民家がダメなら寺を使う 脱常識の発想力でコト商材を差異化

    [第18回]

     コト商材の企画には、顧客が満足し、感動できる顧客経験価値を持たせることが重要だ。常識にとらわれ、発想力が弱いコト商材は、競争が厳しい市場を勝ち抜けない。「脱常識」の発想力を鍛え、パンチの効いたコト商材を企画する手法を学ぼう。

  • 高級そば店が立ち食いそば出店? 調和と差異化なき事業は失敗する

    [第17回]

     店舗型のビジネスで店舗数や売り上げを拡大させる際に重要となるのが、質や価格など「商品」、接客など「サービス」、立地や雰囲気など「店舗」のバランスだ。3つのバランスと差異化できる付加価値を分析し、勝てるビジネスを作ろう。

  • 欲しがらない客も潜在顧客 販路や販売員の工夫で売り切る

    [第16回]

     「欲しがる客にしか売らない」ではビジネスの成長は望めない。顧客層を拡大するには、ニーズの掘り起こしが不可欠だ。「販売方法分析シート」を使い、客が客を呼ぶデジタルビジネス成長術を学ぼう。

  • 健康増進と資産形成をIoTで両立 顧客をワクワクさせる設計とは

    [第15回]

     人工知能など最先端のITを使うだけでは、デジタルビジネスは長続きしない。顧客を満足させ、感動させる「顧客経験価値」を深く考えた設計が不可欠だ。日常的経験、達成感、お得感、褒美、見える化の5つを押さえたサービス設計を解説しよう。

  • 販路と合わない商品は売れない 伝統クッキーをデジタルで拡販

    [第14回]

     商品を拡販するには、商品はもちろん販路の特徴まで分析し、双方の特徴を生かした最適な組み合わせを考える必要がある。「販路・商品特性分析シート」で検討法を学ぼう。

  • 「マネタイズが甘い」と不満な上司 盆踊りイベントを収益化せよ

    [第13回]

     人気のある伝統の盆踊りのような「イベント型商材」から収益を得るには、客が感じる魅力を分析し、できるだけ多くのマネタイズ方法を実施することだ。「イベント型商材マネタイズ分析」で収益手段を漏れなく抽出する手法を学ぼう。

  • 個人の資質頼みでは続かない 誰でもできるよう「仕組み化」する

    [第12回]

     企業の業務は、研修や訓練などを通じて誰でもこなせるようにする「仕組み化」が不可欠だ。個人の資質に依存しすぎると、その人がいなくなれば継続できなくなる。誰でも業務をこなせる仕組みを生み出すコツを学ぼう。

  • 常識にとらわれては埋没する 「反常識分析」で独自の価値を創出

    [第11回]

     特定セグメントの顧客に向けたサービスの設計は、差異化した訴求ポイントが重要だ。常識にとらわれず、あえて常識の反対を考え、訴求ポイントを洗い出したい。「高等学校の設立」という事例から、「反常識分析シート」を使って斬新な企画を立てる方策を学ぼう。

  • 顧客の期待を超えるには 「複合サービス」設計のコツ

    [第10回]

     顧客の期待を超えた価値を提供できないビジネスは、長続きしない。期待を超えるには、顧客の困りごとを解決するサービスを組み合わせることが肝要だ。顧客の困りごとを分析し、満足度の高いサービスの設計につなげる手法を学ぼう。

  • 「真のニーズを捉えてない」とは ハード+ソフト分析で価値を高めよ

    [第9回]

     新しい商品やサービスを企画する際は、顧客の真のニーズを知り、満たすことが必要だ。リソース不足を言い訳に真のニーズから背を向けた商品やサービスは、そっぽを向かれる。ハードとソフトの両面から漏れなくニーズを満たす方法を学ぼう。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る