社会問題のような大きな課題を解決するには革新的な施策が必要だ。ありきたりな施策では、いつまでも問題は解決しない。複数課題組み合わせ発想法でオリジナリティーのある解決策を生み出そう。

 「西部課長、高齢者の買い物難民対策は難しいですね。どうしたら高齢者が必要な商品を手に入れられるのか考えているのですが…」

 システム企画室の岸井雄介は食堂でコーヒーを飲んでいる経営企画課長の西部和彦に尋ねた。

 「あれ?七姫ニュータウンのMaaS(Mobility as a Service)で買い物難民問題は解決したんじゃなかった?高齢者を近隣のショッピングセンターに乗り合いタクシーで送迎するサービスは好評と聞いているぞ」

 「ショッピングセンターのように店舗が集中している場所と自宅間の送迎はタクシーを用いたMaaSで解決できました。ですが、市中心部は店舗と自宅の距離が近く、しかも買い物場所が分散しています。タクシーだと運賃効率が悪いんですよ」

 「それなら送迎でなく自宅への配送だな。配車マッチングサービスを手掛けるムーバーのデリバリーサービスを利用すればいいのでは?」

 「あれは若者がダイエットを兼ねて自転車で配達するモデルです。高齢化が進む七姫子市の中心部には、若者がいないので難しいと思います」

 「そうかな?他の高齢者問題と併せて解決すればいい。今回は誰と一緒に仕事している?」

 「新規ビジネス企画課の高木課長です。検討中の高齢者問題は、市中心部の買い物難民を救済する、高齢者の健康を維持する、高齢者の雇用を増やす、という3つです。ですが、課長に企画案を説明したら『解決策に深みがない』って言われてしまい…」


 岸井雄介は35歳、西日本の地方銀行A銀行に入行以来システム開発に従事し、現在はシステム企画室の課長補佐である。最近A銀行が買収したFinTech子会社F社の企画部と兼務になり、さらにグループ横断的検討プロジェクトのメンバーになった。

 西部和彦は37歳、A銀行でシステム企画の仕事を長く担当し、多くの仕事を成功させてきたエース人材で、岸井の大学の先輩でもある。出向していたITコンサルティング会社から復帰し、多くの仕事を成功させた貢献が認められ、経営企画課長に昇進した。

 岸井は現在、新規ビジネス企画課と共同で、A銀行の商圏にある七姫子市が抱える3つの高齢者問題を解決しようとしている。七姫子市は高度成長期にベッドタウン化した衛星都市だ。同市は中心部と、郊外の丘陵地に作られた七姫ニュータウンで構成される。

 同市が抱える1つ目の問題は市内で買い物難民となる高齢者が増えていることだ。A行は過去に七姫ニュータウンの買い物難民問題を解決した経験がある。地元バス会社のタクシー部門の協力を得て、ショッピングセンターと高齢者の自宅を往復する乗り合いタクシーのMaaSを始めた。これにより、丘陵地にある七姫ニュータウンの買い物難民問題は解消しつつある。

 しかし市中心部は事情が異なる。小型店が多く、自宅と店の距離が近い。乗り合いタクシーは非効率であり、別の方法で高齢者の買い物難民問題を解決しなければならなかった。

 2つ目は高齢者の健康維持である。郊外の七姫ニュータウンの住人は、バスやマイカーを多用するので足腰や心肺機能の低下が見られた。しかし市中心部に居住する高齢者は比較的歩く距離が長く、足腰や心肺機能が衰えていない人が多い。七姫子市は高齢者に1日6000歩を目標とした歩行習慣や自転車など適度な運動を推進しているが、具体的な施策がない状況が続いていた。

 3つ目は高齢者雇用と収入増の問題だ。会社を引退して間もない60~70歳の初期高齢者は、再雇用や臨時雇用などを要望している。しかし市が十分な仕事をあっせんできていなかった。

 3つの高齢者問題の解決策を検討する担当が、新規ビジネス企画課の高木課長とシステム企画室の岸井である。岸井は他市の高齢者の買い物難民や健康維持、雇用対策などの情報を収集し、高木課長に説明した。


この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら