特定セグメントの顧客に向けたサービスの設計は、差異化した訴求ポイントが重要だ。常識にとらわれず、あえて常識の反対を考え、訴求ポイントを洗い出したい。「高等学校の設立」という事例から、「反常識分析シート」を使って斬新な企画を立てる方策を学ぼう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら