体験ツアーなどコト消費商材を売るには、体験の価値を客にうまく伝える必要がある。特にコト消費商材を「重ね売り」するには、場所や時間など5つの制約が立ちはだかる。デジタルマーケティングやVR/ARなどのICTを使い、客単価を高める方策を学ぼう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら